出発
前夜

旅館シタマチ亭

京文化を後世に

まで繋げる。

マエガキ

京都観光名物である「いくら軍艦」全国百貨店でも販売されてる。「どこにいても京都に触れられるきっかけを作った商品とまで言われている。」

京都府伏見にポツンとたたずむ一軒のお店。

「旅館シタマチ亭」

ガイカン

ナイカン

オモイ

代表のヨシダさん。『今を未来に繋げる』という理念をもとに働いている。

「日本の文化は美しい。その中でも京文化は日本の宝物。だからこそこの歴史を後世へと残していきたい。」

オモイ

ヨシダさん実は京都出身ではない。「観光でよく訪れていたが、実際に自分で働らくとは思っていなかった。」

しかしこの歴史だけは途絶えさせていけない。という想いを伝えるべく旅館シタマチ亭を開業した。

オモイ

最近は外国人観光客も増えている。その中で今後は京都観光案内を展開しようと思っている。

「より多くの人たちに京都という街を大事にして欲しい。」と熱い気持ちを持っている。

京都の町並みにあった格好を心がける。それはシタマチ亭のお客様だけでなく京都に来てくれる方々への最高なサービスになる。

サービス

サービス

お茶・お食事の提供。お茶というのは奥が深い。同じやり方をしても人によって味が変わる。

多い日は一日100杯と作る。その一杯がお客様の笑顔につながる。

旅の始まりはここから始まる。その1日をより楽しんでもらうために, お客様の旅を最高のものにするお手伝いを。

サービス

コダワリ

一番のこだわりは演芸舞踊。従業員みんなが舞妓さんとして旅館シタマチ亭で舞台に立つ。旅館で泊まると日によってはこんな特典があるみたい。

アトガキ

京文化は日本の宝。そう語るヨシダさんは輝いていた。京文化は日本人だけでなく今や海外の人の心にも行き届いている。

相手想いのその先にはお客様の笑顔があり心に残るおもてなしを提供している旅館だ。新しいものには新しいものの良さがある。だが、長い歴史とともに歩んできたこの会社は、後世へと想いを繋いでいくであろう。