出発
前夜

MOMOYA

人が喜ぶ

環境作り。

マエガキ

埼玉県深谷市にリゾート風の介護施設を発見。

「MOMOYA オアフ/バリ」

ハワイにいるようなリゾート感!これが本当に介護施設なのかと思わされるようなまったりとした空間が流れる。

南国風をイメージしてて働いているみんなアロハシャツ。働いている皆さん涼しげ!

ガイカン

ナイカン

オモイ

代表のナカジマさん。相手想いな視線のその先には今の介護の「とりあえず人をあずかる」のスタイルを変えたい。

”人が喜ぶ環境づくり”この言葉の背景には、施設の見た目だけでなく科学に基づいた「行動分析」で介護をゴールにするのではなく未来に目を向けてもらえるようなサポートを。

オモイ

褒める心を大切に。利用者様と触れ合い、その人にあった「小さな出来た」を大事にしていく。

それは、常に楽しむ心を忘れない。利用者様と一緒に楽しみながら自分の個性を活かした向き合い方で人が喜ぶ環境を創る。

オモイ

室内での利用者様への些細な心遣い。本気で向き合い一人ひとりの行動、言動に目を配る。

そういった積み重ねが利用者様の笑顔につながる。

サービス

サービス

サービス

コダワリ

リゾート施設の様な作り。

アトガキ

本気でカミスガと言う街を作ろうとしているカミスガプロジェクトメンバー一同。

仲間意識が強くお互いを尊重しているからこそフラットな関係性。

壁は漆喰。入り口の木の格子状の扉は開け閉めが大変だからテーブルに作り変えた。

皆さんは、どんなことにも積極的で自分から楽しむ姿勢を大事にしているということが凄く感じれた。

皆で助け合い、支え合っている姿を見ると自分たちも参加したくなってしまうような気持ちになる。

地域だけでなく、子供達のこれからの未来にも目を向ける勇逸の環境と言えるだろ。

ぜひこの暖かくも熱い想いを持っているメンバーと那珂市を盛り上げてみては。